検索
  • nakanishtakeo

令和3年度喫煙科学研究財団報告会



喫煙がSLCO2A1による肺PGE2動態調節に及ぼす影響について、これまでの研究成果を喫煙科学研究財団主催の報告会で発表しました。肺SLCO2A1がタバコ煙抽出物により阻害されるためPGE2の動態調節機構が破綻し、炎症や線維化が悪化すると考えられることから、これからもさらなる検証が必要ですが、SLCO2A1を喫煙毒性の一つ作用点として位置付けることができました。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示