検索
  • nakanishtakeo

近畿大学薬学部とのコラボでカルバマゼピンの肝毒性に関する論文が採択されました。

更新日:2021年12月27日


抗てんかん薬カルバマゼピンによる特異体質性肝障害は臨床上大きな問題です。本研究では肝におけるプロスタグランジン代謝酵素(15-PGDH)の発現低下に起因するPGE2が肝毒性に関わることを見出しました。(Endocrine Regulations, Accepted Oct. 26, 2021)

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

金沢大学保健学系とのコラボでMIBGのイメージングに関する論文が採択されました。

ノルアドレナリンと類似する[123I-MIBG](メタヨードベンジルグアニジン)は、褐色細胞腫、傍神経節腫瘍、小児の神経芽腫、など副腎髄質や交感神経から発生した腫瘍に集まることから、これらの診断に使われています。本研究では、[123I-MIBG]の消化管吸収にOCTNやOCT等の有機カチオン系膜輸送体が関与することが[123I]MIBGを経口投与したマウスの(SPECT) Imaging で確かめ